素材産業を縁の下で支えるプロダクトの
UXをデザインしてみたいかた | ワークホップ
採用担当者
素材産業を縁の下で支えるプロダクトの
UXをデザインしてみたいかたのカバー画像
UXデザイナー

素材産業を縁の下で支えるプロダクトの
UXをデザインしてみたいかた

株式会社ランデフトのアイコン株式会社ランデフト
気になる!した後の流れ
3人が気になる!しています

やっていること

私たちは素材産業の研究開発部門向けにデータ管理プラットフォームを開発しています。 https://www.randeft.jp/ 素材産業や材料科学といってもピンとこない方が多いと思います。実は現代の私たちの生活は材料科学の地道な研究成果で支えられているといっても全く過言ではありません。例えばリチウムイオン電池は1970年代にリチウムイオンを充電池に活用するアイディアが提唱され、産学の研究者たちの絶え間ない努力により約20年後に製品化されました。そのあとの社会への浸透や今日における役割の重要性はみなさんご存知の通りです。私たちはそんな素材産業・材料科学を縁の下で支えるプロダクトを開発しています。SaaSプロダクト開発によって科学技術の発展に寄与することができるチャンスはなかなかありません。すでに国内の大企業約10社とテスト利用に関する対話も始めています。興味のある方ぜひご参加ください🧪🔬💪 資金調達のプレスリリースおよびメディア取材記事にもプロダクトについて書いてあります。よろしければご覧ください。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000087307.html https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC18ASM0Y1A011C2000000/ https://thebridge.jp/2021/10/randeft-seed-round-funding

募集していること

研究開発部門向けのBtoB SaaSプロダクトのUXをデザインしてくれる方を探しています。 研究開発で生じる情報のフォーマットは非常に多様です。ここでいうフォーマットとは、ファイル形式という意味だけではなく、メタ情報の種類と数も意味します。研究開発の日常業務で使用される弊社のデータ管理プロダクトにおいて、ユーザーが多様なメタ情報をスムーズに入力できるようなUXは非常に重要です。したがって開発の初期段階からUXデザイナーの力を借りたいと思っています。

こんな人におすすめ

素材産業は自動車に並ぶ日本の重要な産業であり、革新的な素材には社会を変える力があります。素材産業の根幹である研究開発部門にとってデータの価値はどんどん高まっている中で、まだまだデータの活用が進んでいない現状を変えるためのプロダクトです。地味ながらも社会的に大きな意義のあるBtoBプロダクトに貢献したいという方におすすめです。

特徴


働き方

副業フリーランス

職種

株式会社ランデフト

設立日のアイコン2020/12/01に設立
社員数のアイコン〜 10人
所在地のアイコン東京都千代田区大手町
採用担当者はこちら利用規約プライバシーお問い合わせ運営会社
© n, inc