ビジネス版のGitHubと呼ばれるHubbleのフロントエンドエンジニア | ワークホップ
採用担当者
ビジネス版のGitHubと呼ばれるHubbleのフロントエンドエンジニアのカバー画像
フロントエンドエンジニア

ビジネス版のGitHubと呼ばれるHubbleのフロントエンドエンジニア

株式会社Hubbleのアイコン株式会社Hubble
気になる!した後の流れ
会社もあなたのことが気になった場合、メッセージが届きます!

やっていること

Hubbleは、契約書をはじめとする法務ドキュメント業務に特化したクラウド型ソフトウェアを提供しています。Microsoft Wordを利用した書類作成時のバージョンや関連コミュニケーションの管理・共有を効率化し、法務に携わる企業やチームが本当に使いやすいことを考え抜いた無駄のない機能で、業務の生産性を向上をご支援しております。 ■Hubbleについて https://hubble-docs.com/ ■Wordで作った契約書のバージョン管理を自動化する「Hubble」が1.5億円を調達 https://jp.techcrunch.com/2019/08/19/hubble-fundraising/ ■契約書のバージョン管理を「GitHub」のように実現する、「Hubble」の誕生秘話 https://www.businesslawyers.jp/articles/516

募集していること

■業務内容 Hubbleは日本初のリーガルドキュメントのバージョン管理SaaS「Hubble」を開発・提供している会社です。 契約書を作成する際、バージョン管理の複雑さや度重なるメールでのコミュニケーションなど、作成プロセスおよび管理体制における効率の悪さが問題視されていました。 そこで私たちは、“ビジネス版のGithub”を目指し「Hubble」を開発。 クラウド上で契約書を管理することで作成交渉の全過程を一元管理し、いつでも簡単に必要な情報へアクセスできるようになります。また、CloudSignやSlackとのAPI連携も可能。「ドキュメント関連の業務を6割削減できた」という事例もあります。 サービスのリリースを告知した時点で200件ほどの事前申し込みがあり、現在は三井不動産やCASIOなど大手から、法務が1名といった上場前の企業まで導入いただいています。 事業のグロースを加速させるべく、開発を推進していただけるフロントエンドエンジニアを募集します。 ■具体的な業務内容 ・「Hubble」のフロントエンド開発 ・新機能およびAPI開発 ・メンテナンス など、役員やビズと連携を取りながら進めていただきます。 ■必須スキル/経験 ・フロントエンドのフレームワークを使用した経験 ■歓迎スキル/経験 ・NgRxまたはReduxなどの経験 ・Nxの経験 ・サーバーサイド開発経験 ■開発環境 ・言語 : Ruby、TypeScript、Java ・フレームワーク : Ruby on Rails、Angular ・インフラ・ミドルウェア : AWS、GCP、Github Action ・開発ツール : Github、Slack、Asana

こんな人におすすめ

■求める人材像 ・納期意識が高く、チームとコミュニケーションしながら開発できる方 ・自らミッションを作り、実行できる方 ・スタートアップのスピード感に順応できる方 ・周囲と長期的な関係性を構築し、信頼される方

特徴


働き方

副業フリーランス

職種

株式会社Hubble

設立日のアイコン2016/04/01に設立
社員数のアイコン〜 30人
所在地のアイコン東京都港区
採用担当者はこちら利用規約プライバシーお問い合わせ運営会社
© n, inc